Home > ラクトザイムとは > 腸内細菌のコミュニケーション方法

腸内細菌のコミュニケーション方法

ここで腸を中心とした私たちの免疫機構が、善玉菌と悪玉菌の勢力のバランスに、どのようにリンクしているかを考えてみたいと思います。

腸の壁の裏側には、私たちの体の免疫をつかさどるリンパ球などの免疫系細胞が滞留する組織があります。
腸付近に滞留する免疫系細胞は、体内に存在する免疫系細胞の、実に7割とも言われていて、いかに免疫が腸と密接な関係があるかを表しています。

これらの免疫系細胞は常に腸の状態、つまり腸内環境の影響を受けていて、腸が善玉菌優性にあるのか、あるいは悪玉菌が増えつつあるのかによって働きが変わります。

免疫系細胞は、どのようにして腸内細菌の状態を知る事が出来るのでしょうか。

腸内細菌などの細菌は、腸の壁を突き破って体の中に入ることはできません。
おかげで私たちの体は、食べ物に多少の有害菌が入っていても、胃や腸など消化器官で吸収されず排泄されるという、安全な仕組みになっているのです。

ですから、善玉菌が優性であっても劣性であっても、腸の壁の裏側にある免疫組織まで腸内細菌が「コンニチワ」とやってくることはできないのです。

それでは免疫組織はどうやって、腸内が善玉菌優性にある事が分かるのでしょうか。
その答えが、何度も登場する『代謝物』というスタイルです。
目も手もない菌同士がお互いを認識するために、菌は代謝物を出して周囲に影響を与え認識させます。

菌が分泌する代謝物は菌本体より小さな物質ですから、腸の壁を通り抜けることも簡単に出来ます。

しかし、悪玉菌と呼ばれる菌も同様に代謝物を分泌し、影響を与えることがあります。
多くの食中毒を引き起こした『O-157』という大腸菌は、『ベロ毒素』という有害な代謝物を分泌して、その代謝物によって免疫力の低下している老人や子供達に被害が出ました。

Page Top