Home > 臓器の寿命を考える

臓器の寿命を考える

腸に限らず、ヒトの臓器の寿命は生まれた時から遺伝子情報で決められています。重要な臓器が機能を停止すれば、それはすなはちその人が寿命を迎えたことになります。アンチエイジングを試みて、食生活や生活習慣などを改善することで多少の違いは出てくるかもしれませんが、持って生まれた寿命を大幅に引き延ばすことは困難です。

 

脳の臓器としての寿命は125歳とも言われていますので、すべての臓器を人口臓器に置き換えたとすれば、ヒトは125歳くらいまでは生きられるのかもしれません。現代医学も進歩して、感染症を予防しトラブルを早期に発見することで、臓器の寿命を延ばすことには貢献していますが、遺伝子に書かれたプログラムを変更するまでには至っていません。

近い将来、遺伝子情報を書き換えて、ヒトの寿命がコントロールされる時代が訪れるかもしれませんが、いまの私たちが天寿を迎えるためにすべきことは、それぞれ持って生まれた免疫力を最大限に活用すること。つまり若い頃のように、常に高い免疫力を維持していることではないでしょうか。

そのためには、免疫関係最大の機関であると言われる腸の本当の働きに着目し、最も効率良く免疫のスイッチを入れる方法を知るべきだと思います。 悪玉菌は有害物質を作り出すので善玉菌を増やそう、と良く言われますが、善玉菌が作り出す物質についてはほとんど宣伝されていません。何故でしょうか。

もし、実際に乳酸菌メーカーなどが善玉菌が作り出す物質を製造販売しようとしますと、乳酸菌などを善玉菌として販売するよりも、はるかに手間がかかりますし、商品の良さや原理を説明すればするほど、ヨーグルトなど乳酸菌が売りづらくなってしまうことも要因でしょう。 どんなに善玉菌を食品で補充しても、結局は排泄されてしまう。 どんなにプロバイオティクスを食べて老化した腸内細菌を増やしても、良質な代謝物を分泌させる事は期待できない。 現代人に必要なものは、活性度の高い善玉菌が代謝してくれる分泌物、つまりラクトザイムを直接与えることなのです。

このサイトが、明日のあなたの免疫力向上のお役に立てば幸いです。

※資料中に使用した写真類の版権は、すべて株式会社ラクトザイムに帰属します。
転載する場合は、株式会社ラクトザイムの許可を得て下さい。

※無断で加筆、転載することを禁じます。

Page Top