Home > Top

腸内フローラに直接アプローチする乳酸菌生産エキス

命ある限り健康でありたい。それは古今東西を問わず誰もが持つ願いです。
「天寿」と言われるように、天から与えられていると信じていた健康や寿命というものが、実は自らの力で手に入れなくてはならないものなのだと、このホームページをご覧の方ならお気付きのことと思います。

近年の乳酸菌ブームの中で、腸内フローラというワードも一般的になりました。
テレビのCMで乳酸菌飲料メーカーが『老化は腸から』『腸を大事にしよう』と連呼するなか、それら乳酸菌製品やサプリを摂るだけで、はたして病から遠ざかり健康になるのだろうかと、疑問を感じる方も多いと思います。
老化と腸内フローラに密接な関係があることは、何となくはイメージはできるものの、腸内フローラに何をすれば良いのか、納得がいく説明が得られる場所は見当たりません。

腸内フローラについて当社が提唱する方法は、腸内細菌の集合体である腸内フローラを飛び越えて、本来、私たちが活用している免疫システムに直接アプローチし、そのシステムを丸ごと利用する、という考え方に基づいたものです。


乳酸菌生産物質と乳酸菌

乳酸菌生産エキスとは

乳酸菌生産エキスイメージ

私たちが100年もの間生きられるのは、体内外の微生物が外敵から体を守っているからと考えられています。
特に、腸内フローラを中心とする免疫系の防御システムは最強で、腸内細菌が分泌する様々な培養産物(生産物質)が腸壁から 吸収されることで免疫細胞を刺激、免疫システムが起動して様々な化学反応を経て私たちの健康が守られているのです。

そこで、私たちの免疫システムの最前線である腸壁で、センサーとして働いているこれらの免疫細胞に、直接アプローチする、と言う方法が考えられました。

こん方法を具体的に実現したものが、乳酸菌生産エキス(乳酸菌生産物質)です。
当社はこの乳酸菌生産エキスを独自に製造し、ラクトザイムという呼称で、機能性食品や化粧品の機能性成分として販売をしております。

詳しくはこちら


Page Top

更新情報

2019.2.13 30年度産大豆が完売しました
30年度産大豆を、本日すべて完売致しました。
たくさんのご注文をいただき、誠にありがとうございました。
(新年号)元年産の無農薬大豆の栽培の様子は、あらためてこのサイトで公開致します。
引き続き宜しくお願い致します。


2019.2.13 ページを追加しました
コラム:醤油と丸大豆を読む


2019.1.23 ページを追加しました
イソフラボンと発酵について解説します。
イソフラボンの機能性は発酵から


2018.11.22 新大豆平成30年度産新大豆入荷しました!
平成30年度産の新大豆の販売を開始しました。ご注文をお待ちしております。
>>ご注文はこちらから


2018/10/24 公式ショップを統一しました
無農薬大豆、腸内カルタの販売を Lactzyme Shop へ統合しました。


2018/9/25 「健康職人101 楽天市場店」での販売を終了しました
皆様のご利用ありがとうございました。
ラクトザイム公式ショップ、及び健康職人101 Yahoo!店では、引き続き販売をしておりますのでご利用ください。



※資料中に使用した写真類の版権は、すべて株式会社ラクトザイムに帰属します。
転載する場合は、株式会社ラクトザイムの許可を得て下さい。

※無断で加筆、転載することを禁じます。

Page Top