Home > Biorosa > 開発ノート

Biorosa開発ノート

この商品は乳酸菌エキスと呼ばれる、もともと免疫力を高める健康食品として長年販売されてきた成分のもつ、 化粧品としての機能に着目して開発された、画期的な商品です。

バイオローザの開発コンセプト

  • 市販されている保湿ジェルの中で、最高の機能性をもった製品を造る。
  • 製造原価に制限を設けない。
  • 原料は機能で選び価格では選ばない。
  • 容器や化粧箱にコストをかけない。
  • 着色料・合成香料・鉱物油・旧指定成分を使用しない。
  • ラクトジェノールを化学的安定度を保てる限界まで添加する。
  • 従来の化粧品にはない機能性と効果をもたせる。

バイオローザ開発のきっかけ

そもそも、BiorosaブランローブEXを開発するきっかけとなったのは、健康食品として販売しているラクトザイムのお客様が、 ラクトザイムを手持ちの化粧品に混ぜて使うとお肌がスベスベになる、という声を多く聞いていたことでした。

ラクトザイムは豆乳や牛乳を乳酸菌などの腸内細菌で発酵させ、ヨーグルトになった状態から濾過して生まれます。 私たちは、ラクトザイムが皮膚に与えた効果だろうという事は漠然とながら知っていました。
もともと腸内細菌としての乳酸菌は、腸内と同じ弱酸性の環境を好み、皮膚もまた弱酸性が良いとされています。 昔から、『ぬか味噌をこねるお婆ちゃんの手は何故かスベスベ』あるいは『火傷の時にはお味噌を擦り込むと早く傷が治る』など、 発酵したものが皮膚に良いという昔ながらの知恵も、実はラクトジェノールの効果だと考えています。

他社製品でも・・・

実は、ラクトジェノールを利用した化粧品の歴史は古く、 某化粧品会社でも10数年前より酵母菌や乳酸菌の生産物質を配合した化粧品○○Ⅱを販売、 有名女優を起用して宣伝し、高額ながら現在も根強い人気があります。
しかし開発側から見ますと、コストの関係でせっかくの機能性成分の配合量が少なく、 本来の力が発揮されているとは言い難いのが現状です。

ならば我々がラクトジェノールの効果を100%発揮した化粧品を開発しよう!これがBiorosa開発の始まりでした。

Page Top