Home > Biorosa > 使用方法

バイオローザをお使いいただくにあたって

使用方法

● フェイスケアには

(朝)洗顔後、お顔全体に真珠1粒量(普通肌)〜1.5粒量(乾燥肌)程を伸ばします。
  ※特に乾燥の気になる部分には重ね付けをお勧めいたします。

(夜)洗顔後、お顔全体に真珠1粒量(普通肌)〜2粒量(乾燥肌)を目尻、口角、目の下を中心に伸ばします。
  ※特にお肌が疲れていると感じる時は、3〜4粒量でマッサージ後そのままパック状態でのおやすみをお勧めいたします。

バイオローザの基本的な使い方 バイオローザは化粧下地としてもお使いいただけまず

● デコルテケアには

(朝)洗顔後、サクランボ1粒量を手に取り、顔を上に向けて鎖骨からあごにかけ下から上に向かってシワを引き上げながらのばします。

(夜)洗顔後、サクランボ1粒量を手に取り、顔を上に向けて鎖骨からあごにかけ下から上に向かってシワを引き上げながら伸ばします。 さらにサクランボ1粒量を手に取り、首の後ろ側を襟足から肩に向かってのばします。

デコルテケアについて

オススメ! メイク時のワンポイント

化粧下地バイオローザは、メイクと合わせて使っても効果的です。

● ツーウェイタイプのファンデーションの下地として

「ツーウェイタイプのファンデーションを、多めの水を含ませたスポンジを使用して付ける。または、水性ファンデーションを使用する」
これは、通常は脂性肌向けのメイク方法ですが、バイオローザを使った後は保湿力が有る肌状態ですのでサラッと仕上がってお勧めです。

● UVカット剤の下地として

肌を守りますので、UV剤によるトラブルが起こりにくくなります。

● リキッドタイプのファンデーションに少量混ぜて

薄めに使う事が出来るので、化粧崩れが目立ちにくくなります。

ご注意

  • お肌に合わない時または、お肌に異常がある場合はご使用をおやめ下さい。
  • お肌に傷やはれもの、しっしんなどの異常がある時はご使用にならないで下さい。

使用上のご注意

  • 手や指を清潔にした状態でお使い下さい。
  • 本品使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激等の異常が現れた場合はご使用を中止して下さい。
  • そのまま使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
  • 傷やはれもの、しっしん等異常のある部位にはご使用にならないで下さい。
  • 目に入ったときはすぐに、水またはぬるま湯で洗い流して下さい。

保管及び取扱の注意

● 本品は防腐剤を極力少なくしております。開封後はなるべく早目にお使い下さい。

保存方法につきましては、未開封の場合は室内の常温保存でも構いません。 しかし一旦開封後は、なるべく冷蔵保存をお勧めいたします。 ブランロチュスを始め弊社の化粧品は、化学合成保存料を使用しておりません。 そのため、開封後に空気に触れることにより、数十日で若干クリーム色に近づいていく傾向がありますが、効果に変わりはありません。

● 本品の香り、色は天然の配合成分よるものです。製造時期や保存状態によって若干の違いが起こる場合が有ります(合成色素、合成香料、界面活性剤等は使用していません)。

ブランロチュスは高い保湿機能をもっておりますが、その保湿機能ゆえ梅雨時や真夏の暑い時期にはテクスチャーが少し重く感じられる場合があります。 このような場合は、弊社長年のヒット商品、バイオローザ・ブランローブEXをお勧めいたします。 ブランローブEXも優れた保湿機能やお肌の修復機能をもっておりますが、ブランロチュスよりテクスチャー的に軽めに仕上げております。

● 極端な高温又は低温、直射日光のあたる場所に保管しないで下さい。

● 乳幼児や小さなお子様の手の届かない場所に保管して下さい。

● 使用後は早めに蓋をしめて清潔に保管するよう心がけて下さい。

Page Top