Home > FAQ > ラクトザイムの摂り方

FAQ

ラクトザイムの摂り方

Q1 ラクトザイムの飲み方について教えて下さい

 ラクトザイム数cc を、50cc~100cc 程度の水で薄めて飲まれるのが良いでしょう。
薬の場合は、胃の内容物排泄速度を表すものに『GER(※)』があります。空腹であればGERは増加し、食物があればGERは低下します。つまり空腹時には薬は素早く腸へ移行するのです。
それに対し食事の直後の場合、薬はなかなか腸へ移行しません。回輝源は薬ではありませんが、アミノ酸や ペプチドクラスの分子の大きさと考えられ、薬に準じた吸収が考えられます。 また、胃の中に食べ物、特に繊維質の食物が入っていると、食物の繊維成分の方に回輝源が吸収されてしまい、 胃を含む消化管からの回輝源の吸収量が少なくなることも予想されます。
尚、胃は粘液で胃酸(強酸性)から胃壁を保護していますが、胃の能力が低下している場合など、必要以上に水を飲むと胃粘液が薄まることにより、胃壁がただれる場合がありますので、50cc~100cc 程度の少なめの水で飲む事をお勧めします。
また、回輝源と一緒に飲むものとして無難なのは水か白湯です。
特にぬるま湯は胃内の温度を下げないため、胃に刺激を与えたり胃の活動を抑えにくいので、吸収がスムーズに行われると言われますが、あまりお湯の温度に神経質になる必要はありません。
(※GER :胃内容排出速度 )


Q2 濃度が高い原液のまま飲んだ方が、様々な効果が高いのではないでしょうか

 上記の通り、50cc くらいのお水で原液を薄めて飲む方法が良いと思います。『効果が高い』と『原液のまま飲む』とは別の話です。 消化管からの吸収や、薬効的な面でも、水で薄めて飲んでいただく方法をお勧めします。 50c 程度のお水でも、原液を薄めて飲んでいただければ、まんべんなく原液が拡散しますので、同じ原液でも 吸収される可能性が高まります。 最大効率を求める意味からも、このような飲み方を推奨しています。


Q3 ラクトザイムは、何時頃に飲むのが良いのでしょうか

 悪性主要がある患者さんの場合、腫瘍の増殖が盛んになると言われる夜中の前、つまり就寝前に一番多くの量を飲 まれる事をお勧めします。 また上記の通り、食後は消化管に残った消化物の関係でラクトザイムの吸収効率が低下する可能性が高いた め、食間(食事と食事の間)をお勧めします。


Page Top