Home > 弊社製品の特徴

弊社製品の特徴

[目次]


その1 原材料より自社製造

当社の乳酸菌生産エキスを製造する際には、乳酸菌が育つための栄養源となる培地(ばいち)が必要です。当社では北海道十勝の契約農場に於いて、無農薬で栽培された大豆 を培地の原料として使用しております。市販の大豆の5倍以上のコストが必要ですが、原料からこだわり続けており、もちろん非遺伝子組換え大豆です。

その2 大豆粉ではなく豆乳を培地

手作りの豆乳
手作りの豆乳

当社では、乳酸菌生産エキスを生み出す乳酸菌の培地には、(無農薬)大豆を発芽する寸前まで浸漬(水に漬けること)させ、熱を加えて大豆の栄養素を抽出した豆乳を使用するという、非常に手間のかかる工程で製造しております。

一般的に発芽直前の大豆は遊離アミノ酸、GABA、ビタミンCなどの含有量が増加しており、大豆タンパク以外の栄養素が多く含まれるようになります。
大豆は生き物です。市販の家庭用豆乳製造器のように、乾燥大豆を粉砕し死滅させ大豆粉の状態で水を加えて加熱するという、手間を省いた簡易的な方法で作った豆乳では、大豆の持つ素晴らしい栄養素を生かすことができないからです。

その3 機能性重視の原液販売

もともと乳酸菌生産エキスはヒト腸内でつくられる工程を再現して作られます。腸内細菌の栄養源が豊富な状態で、腸内フローラの活性度が高ければ大量の生産物質が作られ、腸管からその生産エキスが吸収され免疫機能を刺激することになります。
この比例関係はそのまま動物実験や臨床試験を行った際の、製品の濃度に依存して結果が現れることで確認できます。
つまり、原液状態で腸管に供給すればするほど、濃度依存的に良好な結果を期待することができますので、コストを下げるなどの理由で原液を希釈する行為は、確実に製品の品質低下を招きます。
弊社は、原液を濃縮して機能性を上げることはありますが、原液を希釈(水増し)して製品を作ることは行いません。

その4 機能性の確認

その5 誰よりも詳しく

当社は乳酸菌生産エキス、ラクトザイムを唯一の製造アイテムとして、その基礎研究・製品開発から製造・販売まで一括して自社で行っております。
『製造や販売はしているが、詳しい事はあまり知らない』という、ブレーン不在のメーカーが存在するのもこの業界の特徴です。
時代の先端を行く腸内フローラに関連する業務である以上、 自社商品に関する科学的根拠が示せなければ、お客様からの信頼は得られません。
当社は、機能性の検証をはじめ個々の製品開発に至るまで、弊社スタッフが主体となって行っており、乳酸菌生産エキスについてその特性や特徴、ヒトや動物が摂取したり与えた場合の効能や科学的特質、あるいは細胞レベルでの動態についてなど、 長年の経験を元に何処よりも詳しいメーカーであることを自負しております。
(参考)腸内カルタ

その6 乳酸菌生産エキス原液・成分

  

弊社の乳酸菌生産エキスは、無農薬大豆を絞って作られた豆乳を16種類の乳酸菌で発酵させ、成分を抽出したあと濃縮し、ラクトザイム原液として各種販売用途に使用しております。 乳酸菌生産エキスは高濃度のアミノ酸やペプチドの集合体ですので、乳酸菌以外の雑菌(カビなど)の絶好の栄養源とも為り得るため、濃縮後は無菌状態で製品化を行います。
製造過程ではもちろん、出荷段階まで水などで一切希釈せず(薄めず)、また保存用のアルコール等も添加しておりません。
培養直後の乳酸菌生産エキスはPHが4.0程度ですが、パウダー(粉体)化したり他の原料と混合して製品化するためのバルク出荷を除き、 液体の健康食品として個別の無菌容器に詰める場合は、クエン酸などの有機酸を微量混合して、PHを3.5程度まで下げて抗菌性をもたせる場合があります。
この場合でも、PHが3.5程度ですのでそのまま飲んでいただくことも可能ですが、酸味に弱い方は水などで希釈していただければ良いと思います。
乳酸菌生産エキスを保存するために、非常に強い酸を加えたりアルコールを加えたりしておりませんので空気中の雑菌の混入を嫌います。容器に入れて販売する場合は、開封後は1週間以内にお飲みいただくことが基本になります。

その7 リーズナブルな価格


お問い合わせ


Page Top