Home > 腸内フローラと免疫力 > 自然免疫と獲得免疫

自然免疫と獲得免疫

ここでは、「COVID-19と自然免疫力」にも登場し、24時間私たちの命を守っている自然免疫力、そして獲得免疫について解説します。

自然免疫とは

●36億年前から私たちに備わっている自然免疫は、敵(抗原)の侵入に気がついて最初に駆けつける免疫反応のことを言います。
顆粒球、マクロファージ、NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)、樹状細胞といった免疫細胞が主役で、自分以外の敵を見つけるとすぐさま攻撃を仕掛けます。
体が自然に反応する最初の免疫ということで「自然免疫」と呼ばれ、相手を特定せず、どんな敵に対しても無差別に攻撃を仕掛けます。

自然免疫

獲得免疫とは

●獲得免疫は、生まれたときには備わっておらず、後天的に獲得される免疫です。異物(抗原)に遭遇するたびに、それぞれの抗原ごとに最良の攻撃方法を学習し抗原を記憶します。
過去に遭遇した抗原に対し、それぞれに応じた攻撃をするために、学習し、適応し、記憶する能力がある優れた免疫システムです。
一方、新しい抗原に接しては、免疫ができるまでには少し時間がかかります。
獲得した特異的な免疫情報は記憶されるので、同じ抗原に対する二度目以降の反応は、自然免疫に比べて素早く行われ、効果も高まります。

獲得免疫の仕組み

腸内

●絨毛の間にあるパイエル板という場所が代表的な器官で、ここには免疫細胞の一つであるリンパ球
(T細胞、B細胞)、マクロファージなどが多数待機し、周辺の上皮細胞などで働くリンパ球や自然免疫の働きと連携しながら病原菌を捕獲するための抗体 (IgA)を製造している。
●捕縛された病原菌をマクロファージなどの食細胞が処理するまでの流れが獲得免疫の仕組み。

菌体成分はパイエル板に取り込まれ獲得免疫系を刺激する


Page Top