Home > コラム > 腸内細菌は免疫機能のコンダクター(指揮者)

腸内細菌は免疫機能のコンダクター(指揮者)

腸が消化器官として果たす役割については、すでに一般的になっていると思います。
口から入った食物が胃や十二指腸を経て消化物として腸に到達し、養分や水分が吸収されて便として排泄される・・・と、ここまでは誰でも知っている働きでしょう。 しかし、腸内細菌と免疫との関係となると、なかなか簡単には理解されない領域だと思います。

腸内環境はオーケストラ


私が腸内細菌の世界を説明する際に、よくオーケストラに例えて話をしています。
たくさんの種類の乳酸菌をそれぞれの楽器の奏者に例え、彼らが生息している腸内はまるで広いコンサートホールです。 オーケストラではコンダクター(指揮者)は一人ですが、腸内菌の場合は独立した菌のコロニー(集落)が全体でタクト(指揮棒)を握っています。
観客は免疫に関わっている細胞などで、良い音色を聴くと免疫力が上がって大満足で帰っていきます。
長年、仲良く同じメンバーで調和を保って演奏してきた楽団の仲間たちは、誰がどんな音色を奏でるか、自分の楽器の音のよう熟知しています。
何十年も演奏活動を続けるうちに楽団員もみな年をとっていき、若い頃のような美しい音色で楽器を奏でることができなくなっていきます。
聞いている観客も、「昔はもっと良い音色だったのになぁ」などと思いながら満足しないながらも、他にコンサートホールがないので、毎日、仕方なく聴いています。
そこへある時、ピカピカの楽器を抱えた新人の若者が加わることになりました。
想像してみてください。
何十年も同じ仲間同士で音を紡いできた仲間の中に、顔も見た事のない、若い子が入ってきたのですから、とてもウエルカムな感情にはならないでしょう。早速、嫌がらせが始まります。
若い奏者は一生懸命、観客に良い音を聴かせようとするのですが、他の奏者はタイミングをずらしたり、肘でつついたり・・・
結局、若い奏者は居場所がなくなって楽団から脱退することになります。
新しい奏者が来るたびに同じことが繰り返され、観客も若い奏者に期待しなくなってきます。
これと同じことが、私たちの腸内でも起こっていると考えると、理解しやすいと思います。

乳酸菌と流鏑馬(やぶさめ)


乳酸菌メーカーなどの宣伝では、
●善玉菌が増えると免疫力が上がる→●ならば大量の乳酸菌を食べれば良い→●胃酸で死なない強い乳酸菌が良い→●1gあたり何億個という大量の菌を含む製品が良い→●免疫力が上がる。
というイメージ戦略を貫いており、なんとなく善玉菌の数が増えることが、免疫力に関係しているようなイメージを持っている方が多いと思います。

若い人の場合は、腸内で(自分自身の)善玉菌が増えることは好ましいことですので、(自分自身の)善玉菌を増やす目的で、食物繊維やオリゴ糖などのプリバイオディクスを食べることは否定しません。
しかし同じ目的で乳酸菌飲料などプロバイオティクスを食べたとしても、もともと腸内細菌は自分の仲間以外の菌を排除する働き(見ず知らずの菌を危険視し排除する〜恒常性)を持っていますので、若くて活性度の高い(自分自身の)菌に排除される運命にあります。
もともと既存の腸内菌に排泄されるという流れの中で、腸壁に作用して免疫機構に働きかけようとするさまは、まるで馬に乗って的を射用とする流鏑馬(やぶさめ)のような不安定さを連想させます。

一方、中高年や高齢者の場合、若い人と同様にオリゴ糖などプリバイオティクスを食べたとしても、すでに腸内の善玉菌の活性度が低下した状態なので、若い頃と同じように善玉菌を増やすという効果は期待できません。
また、中高年や高齢者が乳酸菌などプロバイオティクスを食べた場合、善玉菌が増える事を期待したとしても、増やそうとしているのは活性度が低下した菌ですので、 あとは食べたプロバイオティクスとして送り込まれた菌が直接働く事しかありません。しかし前述の通り、活性度が低下したとは言え自分自身の腸内細菌は全力で「よそ者」の菌を追い出そうとします。
結果として、プロバイオティクスなどを売り込む方法は、効率良く免疫力にアクセスできるとは言い難い方法だと考えます。

観客を満足させるには


自分の菌であれ外から送り込んだ菌であれ、そもそも善玉菌を増やす目的の一つは、菌そのものが腸壁に接触する機会が増えることで、菌が直接的に免疫細胞を刺激して免疫機能を活性化させることにあります。
しかし前述の通り、若い頃は元気だった自分自身の善玉菌は年齢とともに数も活性度も低下していきますので、食品として外から送り込んだ善玉菌によって免疫機能を刺激しよう、というのが乳酸菌メーカーの発想です。
当ホームページで紹介しているもう一つの方法は、腸内細菌の仕事のほとんどを担っている、菌の代謝物(生産物質)を利用して免疫機能を活性化するという方法です。
前述のオーケストラの話を例にとれば、歳を取りよそ者を受け付けなくなった楽団のクオリティを上げるために、コンサートの際に観客には内緒で、楽団員が若い頃に演奏した当時の音色の、CDに録音した物を流してしまう、という方法です。
聴いている観客はその曲が、目の前の楽団員が演奏したものか、同時に流された録音かを聞き分けることはできないので、大満足で帰っていく、という仕組みです。


Page Top